• SUBARU 2023年モータースポーツ活動計画について
STIからのお知らせ
2023/01/13

SUBARU 2023年モータースポーツ活動計画について

SUBARUと同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社*1は、2023年のモータースポーツ活動についての概要を発表しました。

■SUPER GT シリーズ
2023年シーズンも引き続きGT300クラスに、SUBARU BRZ GT300で参戦します。
チーム総監督は小澤正弘、チーム運営は「R&D SPORT *2」が担当し、R&D SPORTの澤田稔が監督を務めます。
ドライバーは井口卓人選手と山内英輝選手の2名体制で臨みます。
2023年シーズンからのカーボンニュートラル燃料でのレース開催に向け、カーボンニュートラル燃料対応のエンジン開発を進めています。また、水平対向エンジンの信頼性向上、空力性能向上、コーナーリング性能向上を織り込み、環境性能と走行性能を併せ持つ強いSUBARU BRZで王座奪還を目指します。

■ニュルブルクリンク24 時間耐久レース
第51回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ・プファルツ州アイフェル、5月20日~21日)のSP4T*3クラスに、SUBARU WRX NBR CHALLENGEで参戦します。
昨年に引き続き、チーム総監督は辰己英治、監督は沢田拓也、ドライバーはカルロ・ヴァンダム選手(オランダ)、ティム・シュリック選手(ドイツ)、山内英輝選手(日本)、 井口卓人選手(日本)、の4名で臨みます。
2023年は、WRX S4をベースした新型車両での挑戦になります。新型車両の開発はプロジェクトリーダーとなる渋谷直樹が務めます。
初のFA24型2.4リッター直噴ターボエンジンとスバルグローバルプラットフォームを搭載した新型車両で、初参戦となるSP4Tクラス優勝を目指します。
また、今回も全国のSUBARU販売店から選抜された精鋭8名のメカニックがチームに参加し、レースをサポートします。 販売店メカニックの海外自動車レースへの参加は、メカニックの技術力向上により、お客様にカーライフの「安心と愉しさ」をお届けすることを目的に1990年より継続しています。

■全日本ラリー選手権
2023年シーズンは、昨年までの新井敏弘選手、鎌田卓麻選手のチーム運営サポートに加え、車両開発サポートも行い、新井敏弘選手、鎌田卓麻選手とともに「SUBARU RALLY CHALLENGE」チームとして新たな体制で全日本ラリーに参戦します。
車両はレギュレーションの改定により、新たにWRX S4をベースにした車両をこれまで以上の軽量化を狙って開発を進めており、 2023年シーズン途中の投入を予定しています。
FA24型2.4リッター直噴ターボエンジン、スバルグローバルプラットフォームによるベース車の高いポテンシャルを
発揮し、シーズンを 通して クラス上位入賞を狙います 。

■TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup
TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cupも昨年同様に、STIがサービスチームを派遣し、SUBARU BRZ Cup Car Basicで参戦するユーザーのサポートを行います。

■スーパー耐久シリーズ
2023年シーズンも引き続き「Team SDA 4 Engineering」で、スーパー耐久シリーズにチャレンジします。 SUBARU の
参戦チームおよびレース用車両の開発・製作には、SUBARU 技術本部の社員が参画。チーム監督は本井雅人、ドライバーは井口卓人選手、山内英輝選手と、SUBARUエンジニアの廣田光一の 3 名で挑みます。
参戦車両はSUBARU BRZをベースとしたカーボンニュートラル燃料を使用する車両で、SUBARU航空宇宙カンパニーと協力して採用した、再生カーボンを使用したパーツの追加検討や、アイサイトを中心とした先進安全装備をレース現場で鍛えていくなど、シーズンを通して様々な挑戦を続けます。

*1: スバルテクニカインターナショナル株式会社(代表:平岡泰雄、東京都三鷹市、略称:STI)
*2: 株式会社アールアンドデースポーツ(代表:本島伸次、神奈川県平塚市)
*3: 排気量2,000cc~2,600ccのターボエンジン搭載車のクラス
*4: スバル ドライビング アカデミー:SUBARUエンジニアの運転スキルと評価能力を高める人財育成の取り組み
PREV NEWS

LATEST NEWS

最新のお知らせ
ALL NEWS

RECOMMEND