• FLEXIBLE TOWER BAR

STI FLEXIBLE TOWER BAR

クルマを操る歓びを、
ここから。

Happiness in controlling drive.

2007年の登場から10万本を超える累計生産数を誇るSTIフレキシブルタワーバー。過酷なモータースポーツの世界から生まれたその確かな性能は、多くのドライバーの日常に走る愉しさを届けています。STI独自のフレキシブル構造から生まれる、素早いステアリング応答性となめらかな乗り心地。そこにあるのは、思いどおりにクルマを操るという歓びに満ちた体験です。

Photo
WRX S4(VA)FLEXIBLE TOWER BAR FRONT

CHAPTER / 01

強さとしなやかさ。
STI独自の
フレキシブル構造。

前輪左右のストラットタワーを
つなぐように取り付けられるタワーバー。
一般的にはリジッド(剛直)に設計されることが
多いなか、
STIフレキシブルタワーバーは
独自のフレキシブル構造を採用。
アルミ製の中空バーの中央部に
ピロボールを組み込むことで、
関節のように自由に回動することができる
STI特有の性能を生み出しました。

乗り心地を損ねない
フレキシブル構造

追求したのは
「挙動の再現性」

同じ角度でステアリングを操作したとき、
いつも同じ挙動でクルマが走ること。
この「挙動の再現性」こそが、
STIフレキシブルタワーバーが追求したの性能です。
ノーマル状態で生じる不均一な挙動を抑制し、
どのような環境でもドライバーの意志に忠実で
一体感のある走りを可能にします。

ボディの歪みを抑制。
安定感のある走りを実現。

まっすぐ走る。
狙ったラインを
トレースする。

どこまでも
意志に忠実な走りへ。

1.5tにも及ぶ車体の衝撃や重さの
すべてを受け止めるストラットタワー。
走りの安定感に大きく影響を与える
この部分を補剛することで、ボディの歪みを抑制。
素直をハンドリングを実現するとともに、
挙動の再現性を高めます。

CHAPTER / 02

FLAT RIDE

走りに集中できる
という性能。

路面のギャップや凹凸による車体の揺れは
乗り心地を左右するだけでなく、
クルマの挙動にも影響を与え
ドライバーに修正舵を要求することにつながります。
STIフレキシブルタワーバーは、柔軟性を持った構造により
シャシーのしなりを有効に利用して
路面からの力を適度にいなします。
これにより路面の変化に対して車体の揺れが少ない
「フラットライド」へと近づけ、
疲れにくく集中しやすい走りを可能にします。

素直でクイック。
理想の
ステアリング応答性。

ステアリングを切った分だけ
素直にクルマが反応すること。
それが「運転の上手くなるクルマ」を提唱する
STIが追い求める、
理想のステアリング応答性です。

なめらかな荷重が、
タイヤの性能
を引き出す。

ステアリング操作に応じて
素早くスムーズに
クルマが動作すること。
それはなめらかな荷重変化に
つながります。
じわりと荷重がかかることで
タイヤはよりゴムの粘り特性を
発揮し、
コーナリング前の
微小操舵にもしっかりと反応する
安定感に優れた走りを実現します。

歴戦で鍛え抜いたのは、
人とクルマの関係。

いかに速くても、
ドライバーにとって負担が大きくては
過酷なレースを走り抜くことはできない。
ニュルブルクリンクをはじめとする
過酷なモータスポーツの世界でSTIが見つめたのは、
人とクルマの関係です。
よりドライバーへの疲労を軽減し、
運転に集中することできるように。
歴戦で鍛え抜いた人へのやさしさは、
STIフレキシブルタワーバーの
設計に息づいています。

CHAPTER / 03

モデルごとに
最適化されたブラケット。

ボディとの接合パーツであるブラケット。
その設計は各モデルごと個別に最適化しています。
ベース車それぞれが持つ特性にあわせて
適切な取り付け位置や必要な強度・剛性を見極め、
緻密に設計へと落とし込んでいます。
また、軽量化にもこだわり贅肉を削ぎとした
機能美を追求しています。

設計者自身が
その走りを
確かめる。

走る愉しさをすべてのドライバーの日常へ。
STIフレキシブルタワーバーの開発過程では、
設計者が自らテストドライブを行い
その性能を確かめています。
自分が感じた感動は、きっとお客さまにも届くはず。
そんな想いを胸に時間と手間を惜しまず
開発に向き合っています。

低速域での
操舵応答性はどうか。
一般道を見据えた
テストドライブ。

STIフレキシブルタワーバーの
開発過程における
テストドライブは、
常に一般道での走行を見据えて
性能確認を行っています。
すべてはより多くのお客さまに
走る愉しさを届けるために。
理想の設計に挑み続けています。

あなたの
SUBARUに、
STIを。

FIND
PERFORMANCE
PARTS
自分のクルマに合うパーツを見つける
SELECTMODEL
  • SUBARU BRZ
  • LEVORG
  • WRX S4
  • WRX STI
  • IMPREZA 5Door
  • IMPREZA 4Door
  • SUBARU XV
  • FORESTER
  • LEGACY B4
  • LEGACY
    TOURING
    WAGON
  • LEGACY OUTBACK
  • EXIGA
SELECTTYPE
SELECTCATEGORY
  • すべて
  • パッケージ
  • シャーシ/ボディ
  • サスペンション
  • ホイール
  • エアロ・エクステリア
  • マフラー
  • エンジン・トランスミッション
  • ブレーキ
  • インテリア・その他
アプライドモデルとは
車両毎に年次改良(部分改良)を行っているSUBARU車の型式を分類する特有記号です。各グレードを識別するにも便利なものですのでカスタマイズ志向のオーナー様にはぜひ覚えていただくことをおすすめします。(7ケタのアルファベットと数字の組合せです)本WEBカタログ内の検索ボックスにアプライドモデルを入力しすることで装着可能なパーツを簡単に見つけることができます。アプライドモデルが記載されているプレート(ステッカー)の位置は年代によって異なります。
下記のいずれかになりますのでご確認ください。
・エンジンルーム内の左側ストラット取付け部
・助手席側Bピラーの下側(ドアを開けると車体側の下方向をご確認ください)
ご不明の場合はお手数ですが最寄りのスバル販売店にてお問い合わせください。
適応車種記号とは
SUBARU車は、毎年、車両ごとに年次改良を行っています。その年次改良の時期がわかるのが適応車種記号です。お持ちのクルマの適応車種記号は、エンジンルーム内の左側ストラット取り付け部上面もしくは左側Bピラー下側のアルミプレートに表示されていますアプライドモデル番号の4桁目の記号をご確認下さい。
部品注文のときにお知らせください。
グレード一覧