NEWS
2021年04月05日 STIからのお知らせ

2021年シーズンSUBARU BRZ GT300マシンカラーリングを発表

STI Gallery Information / ギャラリー展示車のご案内

STI Gallery Information / ギャラリー展示車のご案内

SUBARUと同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社*1は、2021年シーズンに参戦するSUPER GT SUBARU BRZ GT300マシンカラーリングを発表しました。

■SUPER GT シリーズ
日本国内におけるモータースポーツ最高峰カテゴリーであるSUPER GTのGT300クラスに、新型SUBARU BRZ *2をベースとした「SUBARU BRZ GT300」で参戦することにつきましては、2021年2月22日に実施した体制発表通り、チーム総監督は小澤正弘、チーム運営は2020年に引き続き「R&D SPORT」*3、ドライバーは井口卓人選手と山内英輝選手の2名の体制で臨みます。
今季「SUBARU BRZ GT300」車両カラーリングは、SUBARUブルーをベースに、強さと速さを表現するべく、STIのコーポレートカラーであるチェリーレッド/ブラック/ホワイトを組み合わせたレーシングストライプをボディ中央に配したことが特徴です。
今シーズンは新たに「KeePer技研株式会社」、「スバル用品株式会社」、「富士部品工業株式会社」がパートナーに加わり、協賛各社のコーポレート&ブランドロゴが映えるデザインに仕上げています。
新カラーリングは4月10日(土)、11日(日)開催の「SUPER GT第1戦(開幕戦)岡山国際サーキット」(岡山美作市)にてお披露目となります。
2021年の参戦車両は、「ライトウェイト・コーナリングマシン」をコンセプトに、これまでレースで磨き続けてきた技術と知見を余すことなく盛り込むことで、全戦ポイント獲得、そしてシリーズチャンピオンを目指します。

*1: スバルテクニカインターナショナル株式会社(代表:平岡泰雄、東京都三鷹市、略称:STI)
*2: 2020年11月に世界初公開された第2世代モデル
*3: 株式会社アールアンドデースポーツ(代表:本島伸次、神奈川県平塚市)

■SUBARU BRZ GT300カラーリングデザイン

関連リンク