MENU
NEWS
2017年05月25日 STIからのお知らせ

SUBARU WRX STI 2017 NBR CHALLENGE

WRX S4 tS オーナー様への重要なお知らせ WRX S4 tS フ...

スバルテクニカインターナショナル株式会社(社長 : 平川良夫)は、5月25日(木)から28日(日)にドイツ・ニュルブルクリンクで行われる「ADAC Zurich 24 Rennen」(通称ニュルブルクリンク24時間レース 略称NBR)にSUBARU WRX STI 2017年NBR仕様車1台を出場させます。本年は、STIが主体となって初めて出場した2008年以来10回目のチャレンジとなり、2015年、2016年に続いてSP3Tクラスで3連覇することが本年の目標となっています。

STIチームのドライバーは、昨年同様、カルロ・ヴァンダム(オランダ)、マルセル・ラッセー(ドイツ)、ティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝(日本)の4名をラインアップし、チーム監督はSTIの菅谷重雄が務めます。STIコンプリートカーやSTIスポーツパーツの開発を担当するエンジニア達が出場車両の開発を行なっており、現地でも彼らが中心となってチームを運営し、全国のスバル特約販売店から派遣されるディーラーメカニック6名と共に24時間後のゴールを目指します。

参加車両のSUBARU WRX STIは、2017年仕様のWRX STIをベースに、NBRレースに向けた改造、補強がなされています。STIがこれまでのNBR挑戦経験から得たノウハウやデータを活用し、本年は定評ある安定した走りに加え、速さ、ラップタイムを追求したモデルとなります。特にエンジンパワーを最大限活用し、シフトチェンジロスを低減するパドルシフトの採用、シャシー性能、空力性能のリファインよって、4月下旬に当地で行われた24時間レースに向けた予選レースでは、目標に近いラップタイムが記録できています。チームは、さらに5月15日に行われた現地テスト走行で走り込みを重ね、十分なパフォーマンス検証を得て本番レースに臨みます。なお、SUBARU WRX STIが区分されるのは排気量2リットルのターボエンジン車によるSP3Tクラスで、今回は総出場台数161台中12台の強豪マシンがライバルとなります。

レースウィークの予定としては、5月23日(火)にチームは現地に集合し、ピットワークトレーニング、車検準備、レース備品の準備、パドック設営などを経て、25日(木)・26日(金)のプラクティス走行と公式予選でレースカーを走らせ、27日15時30分(現地時間)にスタートを迎えます。

STIチーム監督の菅谷は、「15日のテストは気温も路面温度も高く、気温が低かった予選レースとは違ったタイヤセットのチェックもできました。決勝を見据えたエンジンセッティングとパドルシフトとの適合も確認が取れており、ハードウェアの検証は予定どおりに進みました。一方、ライバルたちも着々と準備を進めており、我々もこれからチーム全員が力を合わせてピットパフォーマンスも上げていく予定です。いよいよ来週、力を出し切って目標を達成したいと思います」と語っています。