NEWS
2016年07月21日 STIからのお知らせ

SUBARU BRZ GT300、市販車のモデル改良をうけ フロントヘッドランプおよびリヤコンビランプの意匠を変更

LEVORG(VM)用 「フレキシブルサポートサブフレームリ...

ブース出展情報 SUPER GT第5戦富士にSUBARU/STIブース...

スバルテクニカインターナショナル株式会社は、SUPER GTシリーズに参戦中のSUBARU BRZ GT300について、7月5日(火)に実施されたベース車両であるSUBARU BRZの大幅改良モデル発表をうけ、前後灯火器の意匠変更を施したことを発表いたします。

BRZ GT300はベース車の大幅な改良に合わせ、フロントヘッドランプ、リヤコンビライトをフルLEDタイプに変更するとともに、各所に改良を加え戦闘力を大幅に向上させました。

2016年SUPER GTシリーズにおける本仕様での参戦は、7月23日(土)~24日(日)にスポーツランドSUGO(宮城県)で開催される「2016 AUTOBACS SUPER GT Rd.4 SUGO GT 300KM RACE」からとなります。スポーツランドSUGOは2016年のSUPER GT開催サーキットのなかでは岡山国際サーキット(岡山県)に次いで2番目に短く、コース幅も比較的狭い上に激しいアップダウンのあるサーキットです。この特徴からBRZ GT300のマシン特性と相性のよいサーキットといわれています。BRZ GT300は前戦からの間に3度行われたSUPER GT公式テストで順調に走行を重ね、セットアップも進んでおり、SUGOラウンドでの優勝を狙います。

なお、富士重工業では7月24日(日)14:00より、「2016 AUTOBACS SUPER GT Rd.4 SUGO GT 300KM RACE」のパブリックビューイングを本社ショールームである「SUBARU STAR SQUARE」(東京都渋谷区)にて開催いたします。