STI NBR CHALLENGE

 

2017

SUBARU WRX STI、無念のリタイヤ

SP3TCLASS 位 | 総合

van Dam Carlo

Yamauchi Hideki

Schrick Tim

Lasee Marcel

SP3TCLASS

総合

van Dam Carlo

Yamauchi Hideki

Schrick Tim

Lasee Marcel

5月25日(木)〜28日(日)にドイツ・ニュルブルクで行われた「ADAC Zurich 24H」(通称ニュルブルクリンク24時間レース)にスバルテクニカインターナショナル株式会社(STI)はSUBARU WRX STI(ドライバー:カルロ・ヴァン・ダム/マルセル・ラッセー/ティム・シュリック/山内英輝)でSP3Tクラス(2リットル以下のターボ車)にエントリー、予選3位から決勝レースをスタート。途中6時間経過時でクラス2位にあがり、トップの車両との間隔を詰めていきましたが、28日明け方に同クラスの車両に側面から衝突され、応急処置後3位に順位を落とすも、懸命に追走。同日12時半過ぎ、グランプリコース内で突然エンジンルームから出火。そのままリタイヤとなりました。

SP3Tクラスは、欧州の代表的2リットルターボ車など合計12台がひしめく激戦区。直近の2015年、2016年はSUBARUが優勝しています。2017年仕様のSUBARU WRX STIは、パドルシフトの採用などで競争力向上を図り万全の体制で5月25日からのレースに臨みました。ニュルブルクリンク24時間レースはドイツでの季節の変わり目の時期で、昨年までは天候が不安定でしたが、本年はレースウィークの始まりから好天が続き、気温も最高で27度にまで達しました。決勝レースが始まってもこの高気温が続き、真夏の様相でした。スタート から数ステントが経過し、夜間に入るとWRX STIはライバル車の後退の隙にクラス2位に浮上します。さらにクラストップの車両を追い上げるべくペースを上げて周回しましたが、14時間半が経過しようとする朝6時ごろ、グランプリコース内のコーナーで同クラスの車両に側面から激しくヒットされ、その修復のために築き上げたマージンを使い果たしてしまいます。

ボディ左側側面を損傷しているものの、動力性能や操縦安定性には問題がなかったため応急修理を施し、WRX STIは走り続けることとなりました。しかし、それから約6時間半後の12時30分過ぎ、ヴァン・ダムが走行中に突然エンジンルームから出火。コースサイドにレースカーを止め、WRX STIはその時点でリタイヤとなりました。ヴァン・ダムは、「第1コーナーを回り、2速から3速へシフトアップしたところで突然出火しました。兆候はありませんでした。左側のドアがダメージを受けていて開けづらかったため、僕は右側から脱出しました。ご心配かけましたが、怪我はありません」と話しています。STIチーム監督の菅谷重雄は、「昨年我々自身が立てた目標がクリアできなかったので、それにかなうクルマ、ディーラーメカニックも含め今年のNBRに挑みました。新たなチャレンジについては手応えをもって今週のレースに臨みましたが、結果は、リタイヤということになってしまいました。クルマのパフォーマンスはある程度検証できたし、進化は確認できました。しかし、この結果を招いたのは、どこかに見落としや思い込みがあったからかもしれません。今後またチャレンジできるなら、未達成の目標をクリアできるよう計画を組み立てて、この地に立ちたいと思います」

2017年ニュルブルクリンク
24時間レース参戦車両

SPEC

ベース車両

SUBARU WRX STI

全長/全幅/全高/ホイールベース

5,120mm / 1,860mm / 1,395mm / 2,700mm

車両重量

1,230Kg

エンジン

EJ20 BOXER DOHC 16バルブ AVCS シングルスクロールターボ

総排気量

1,994(cc)

最高出力/最大トルク

250kw(340PS)/5,500rpm
461Nm(47kgf・m)/3,000rpm

トランスミッション

6速シーケンシャルギヤボックス+パドルシフト

クラッチ

O.R.C ツインプレート

LSD フロント/センター/リヤ

ヘリカルLSD/新電子制御マルチモードDCCD/STI機械式

ステアリング

ラック&ピニオン式

タイヤ / ホイール

FALKEN / BBS18x10J

ダンパー

BILSTEIN

ブレーキ

brembo(フロント6ポット、リヤ4ポット)

ブレーキパッド

ENDLESS