STI NBR CHALLENGE

 

2015

SUBARU WRX STI、3年ぶりのSP3Tクラス優勝

SP3TCLASS 1位 | 総合18

van Dam Carlo

Yamauchi Hideki

Schrick Tim

Lasee Marcel

SP3TCLASS

1

総合

18

van Dam Carlo

Yamauchi Hideki

Schrick Tim

Lasee Marcel

5月14日(木)~17日(日)にドイツで行われたニュルブルクリンク24時間レースに市販車ベースのレースカー「SUBARU WRX STI NBR 2015」を出場させ、クラスポールポジションからスタートして24時間で約3,629kmを走破し、SP3T(排気量2リットル以下のターボ車)クラス優勝を果たしました。
出場車両は、左ハンドル仕様のSUBARU WRX STIをベースに、パワーユニット、駆動系、空力および車体剛性などに改造を加えたレースカーで、エンジンは市販車と同じEJ20型2.0リットル水平対向ターボエンジンです。ドライバーは、カルロ・ヴァンダム(オランダ)、マルセル・ラッセー(ドイツ)のレギュラードライバーに、新たに加入したティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝(日本)の2名を加えた4名体制で臨みました。14日(木)、15日(金)の両日に行われた公式予選でSP3Tクラスのトップタイムを記録し、ポールポジションを獲得。また、合計151台を数える全参加車を三つのグループに分けて決勝レースをスタートしますが、SP3Tクラスが第二グループの先頭を形成することとなり、SUBARU WRX STIがグループリーダーとして、16日午後4時の決勝レーススタートを率いました。
ヴァンダムがレースをスタートしてクラス首位固めにかかり、続く山内、ラッセーのふたりでそれを確かなものにすると、シュリックが後続を突き放す役割を果たしました。このドライバー順で交代を繰り返し、一昼夜にわたって一度もクラス首位の座を明け渡すことなく、最終ランナーの山内が17日午後4時過ぎのチェッカーフラッグを受け、クラス優勝を確定しました。今回走破した周回数143周のうち、トラブルやアクシデントでロスしたことは一度もなく、ドライバーのミスやメカニックのエラーによるタイムロスも皆無でした。また、ドライバー4名全員がレース序盤から最終ラップに至るまで手を緩めず、速いペースを維持したことは特筆されるべきと考えられます。また、総合18位の順位も2008年からの連続参戦以来、最高位となります。WRX STIの上位車は、すべてがスポーツカーベースのFIA GT3車両または同等の速さを誇るレースカーでした。SUBARU WRX STIがSP3Tクラスでクラス優勝を果たしたのは、2011年、2012年に続く通算三度目のことです。
STI総監督の辰己英治は、「今回は完璧なレースができました。ドライバー、エンジニア、メカニック、スタッフの心が通じ合い、ひとつになれたからこその結果だと思います。世界中のSUBARUファンの皆様のために、SUBARUの優秀性を改めて証明することができ、とても嬉しいです。ファンの皆さん、応援をありがとうございました」と語っています。

2015年ニュルブルクリンク
24時間レース参戦車両

SPEC

ベース車両

SUBARU WRX STI (VA型)

全長/全幅/全高/ホイールベース

5120mm / 1860mm / 1395mm / 2650mm

車両重量

1230Kg

エンジン

EJ20 BOXER DOHC 16バルブ AVCS ツインスクロールターボ

総排気量

1944(cc)

最高出力/最大トルク

250kW(340ps)/5500rpm /461Nm(47kgf-m)/3000rpm

トランスミッション

シーケンシャル6速ミッション

LSD フロント/センター/リヤ

ヘリカルLSD / オートDCCD /機械式

ステアリング

ラック&ピニオン式

タイヤ / ホイール

DUNLOP / BBS 18インチマグネシウム鍛造ホイール

ダンパー

BILSTEIN

ブレーキ

brembo(フロント6ポット、リヤ4ポット)