LEGACY S401 STi version

STIは、F1と並ぶモータースポーツの最高峰のひとつ、WRC(世界ラリー選手権)に、
1990年より本格参戦してきた。1993年にWRCニュージーランドラリーで初の総合優勝を果たして以来、
1995年から97年にかけては3年連続WRCマニュファクチャラーズチャンピオンを、
そして2001年にはドライバーズチャンピオンを獲得。STIは、モータースポーツの頂点を極めることで、
そこから蓄積された走りのノウハウを、インプレッサWRX STiバージョンやSTIスポーツパーツとして、
走りを愛する人、モータースポーツを愛する人にお届けし続けてきた。
そしていま、私たちは、レガシィS401 STiバージョンというクルマを送り出す。
このクルマは、走ることへの情熱を抱き続ける大人の感性に響く、これまでにない「走り」の提案である。
走りへのこだわりをすべてに徹底して貫いたそのクルマづくりは、STIにしかできないと確信している。

S401は、わずか400台の限定生産である。だからこそ、
スペックだけでは語れない走りの感動を知る人、心から走りを愛する人の手にこそ委ねたいと思う。
これは、まさに私たちの魂を込めたレガシィである。

スバルテクニカインターナショナル株式会社
代表取締役社長 桂田 勝

レガシィS401 STiバージョンのプレゼンテーションは、フルスクリーンでご覧いただきます。
心行くまで、レガシィS401 STiバージョンの魅力をご堪能ください。

レガシィS401 STiバージョンの販売は終了いたしました。

ENTER


Macromedia Flash Playerの最新バージョンが必要です。

GET Flash Player