• 次のページ

かつてない走りの歓びを、ドライバーに届けたい。
その想いは、市販車ではこれまでスーパースポーツにのみ搭載されてきた、カーボンルーフの搭載に結実した。
軽量かつ高強度であり、レーシングカーなど走りを極めるクルマに用いられてきたカーボンファイバー。
この素材を、車両の中で最も高い位置にあるルーフに配することは、ボディ全体のさらなる低重心化、
ロール慣性モーメント低減へとつながる。
さらにWRX STI tSではフロントフードをアルミ製に替えることでヨー慣性モーメントをも低減。
走りに影響を与えるさまざまなファクターを大幅に改善させている。
従来tSが行ってきたシャシーチューンの枠を超えた、チューニングの新たな可能性の追求。
そこには、圧倒的なパフォーマンスを持つWRX STIを通じて、tSに込めた想いを余すところなく表現したい
という私たちの情熱が込められている。